美容

生理前のニキビがひどい(頬・あご・口周り)!その原因と対策は?

生理前のニキビがひどい

・生理前になるとニキビができる
・顎ニキビがなぜか繰返しできる
・口周りに吹き出物ができて治らない

こんなお悩みを抱えていませんか?

生理前は、だるくなったりイライラしたり、不快な症状がいろいろ出てしまうもの。そのうえ、顔にニキビや吹き出物ができてしまったら最悪の気分ですよね。

実は生理前にニキビや吹き出物ができることはよくあり、深刻に悩んでいる女性はかなりいるようです。

生理前のニキビ、どんな対策が効果的なのか、その原因も含めて探ってみましょう。

生理前のニキビがひどい!その原因は?

生理前にニキビがひどいとお悩みのあなた!その原因をご存じですか?

実は、生理前ニキビができるおもな原因は、2種類の女性ホルモンがアンバランスになっているからなのです。

生理前は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、様々な不快な症状がカラダに表れます。

例えば、頭痛、肩こり、むくみなど。ニキビに関係するところでは、肌荒れや過剰な皮脂分泌などもあります。

生理前の時期は、肌の水分量が減って乾燥しやすくなります。そこに余分な皮脂が分泌されるために、毛穴に皮脂汚れが詰まり、ニキビが起こりやすくなるのです。

また、生理前は、ホルモンの影響で代謝が悪くなってしまいます。このため、便秘にもなりやすい時期でもあるのです。

便秘になると肌荒れが起きてしまいますが、生理前と便秘の関係には心当たりがある人も多いのではないでしょうか。美肌を守るためにはお腹もスッキリさせておきたいですね。

このような症状を招く黄体ホルモンに対して、卵胞ホルモン(エストロゲン)は、正反対のはたらきを持っています。

卵胞ホルモンは、生理が始まって数日すると分泌が増えます。卵胞ホルモンが増加すると、代謝が良くなるので、便秘も改善し、ニキビも早く治るのです。

生理前にニキビができる場所!頬・あご・口周りのフェイスラインなのはなぜ?

生理前に繰返しニキビができる場所ってなぜか決まっています。

多くの場合、あご・頬・口周りなどフェイスラインに集中してできてしまうのです。あなたもそうではありませんか?

不思議ですよね?

でも、実は主に次のような理由があるのです。

(1)肌細胞のターンオーバーの乱れ

肌は周期的に新しく生まれ変わっています。この肌周期、つまりターンオーバーが乱れると、古い角質がいつまでも残って毛穴に汚れがたまりやすくなります。

また、水分が失われて乾燥した肌になります。乾燥により、刺激を受けやすくなった肌は、角質が厚く硬くなり、頑固なニキビが作られる土台になってしまうのです。

このようなターンオーバーの乱れは、ストレス、ホルモンバランス、又は加齢も原因になり得ます。

(2)乾燥しやすいフェイスライン

あごや頬などのフェイスラインは、汗腺が少ないため、汗をかにくく、乾燥しやすい部位です。乾燥すると、バリア機能を高めて保湿するために、皮脂分泌が過剰になる傾向があります。

したがって、一見、脂性肌に見えても実は乾燥が原因で皮脂分泌が多くなっていることもあるのです。

余分な皮脂はニキビの元になるので、うるおいのある良好な肌の状態を保つことが大切になりますね。

(3)毛穴が小さく、汚れがたまりやすい

あごを含めたフェイスラインは、顔のほかの部分よりも毛穴が小さくなっています。そのうえ、髪や指などでこすれてメイク剤が落ちやすく、汚れがつきやすい部位でもあります。

洗顔の際、目や鼻の周りはよく洗ってもあごや頬のラインはしっかり洗えていないこともありますし、洗顔後のスキンケアでも、保湿剤がフェイスラインまで行き届いていないこともあるのです。

こうしてみると、フェイスラインは、意外にケアを怠りやすい部位とも言えますね。

生理前のニキビの対策は?

生理前ニキビの原因が分かったところで、今度は生理前ニキビの対策を考えてみましょう。

(1)生理2週間前:脂っこい食事や甘いお菓子を控える

生理前にニキビができるのを防ぐためには、生理の2週間くらい前からは、脂っこい食事や甘いお菓子を控え、ビタミン剤を摂るようにしましょう。

あまり肌を刺激するスキンケアは悪影響になってしまいますが、肌を清潔に保ち、紫外線や汚れから肌を守ることも大切です。

(2)生理後:ビタミンC誘導体・セラミド化粧品

生理が始まった後の落ち着いた時期に、ビタミンC誘導体やセラミドなどが配合された化粧品を使って集中的に美肌ケアをしましょう。

生理前ニキビは荒れてしまった乾燥肌に起こりやすいので、肌状態が良くなれば、ニキビの発生を抑えることができるはずです。

(3)低用量ピルや漢方薬

もっと根本的に治したい!という人には、基礎体温を計測して月のリズムを把握し、低用量ピルや漢方薬を使うのも有効です。

低用量ピルには、直接的にニキビを改善する効果はありませんが、黄体ホルモンのはたらきを抑えるので、症状がやわらぐ可能性があります。ニキビだけでなく、そのほかのPMS(月経前症候群)の症状も改善できるかもしれません。

(4)食事・睡眠・便秘改善を心掛ける

薬を使うほどはないけど…という場合、食事や睡眠、便秘などを見直してみましょう。生活の見直しでニキビが改善できればそれがベストですよね。

(5)ニキビケア専用クリーム

上記にご紹介した方法を試したとしても、やっぱり繰返しニキビができて困るという人もいるでしょう。

このような場合は、保湿と美白のできるニキビケア専用クリームや専用ジェルを使うのもおすすめです。

最近人気が高いのが「メルライン」という頬・あごニキビ等の専用ジェルです。「メルライン」は、女性雑誌やアットコスメ等の口コミで、かなり話題になっています。

あご・フェイスラインのニキビ専用ジェル「メルライン」

フェイスライン等Uゾーン専用の生理前ニキビケア化粧品として注目の「メルライン」。

メルラインは、グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスという2つの有効成分が配合された医薬部外品の保湿クリームです。

ヒアルロン酸などの10種類の保湿成分を高濃度で配合し、健康な肌を作る強力な独自成分のプラセンタ、すぐれた保湿成分でターンオーバーの乱れも改善するコラーゲンが豊富に配合されています。

充実の美肌成分により、肌を清潔にし、うるおいを与え、メラニン生成を抑え、シミやそばかすを改善します。

これで、保湿と美白をして、ニキビを予防し、できてしまったニキビも早く治してくれるわけですね。

メルラインは、無添加・日本製・医薬部外品の3拍子がそろっていて、しっとり保湿できる、ホワイトニングができる、など口コミも上々です。

美容効果が高いので、生理前ニキビの対策だけでなく、フェイスケアとボディケアに幅広く使えます。

メルラインは朝晩のスキンケアの後に塗るだけの簡単ケアです。続けていくうちに、長年の悩みもいつの間にか改善できるでしょう。

生理前ニキビに悩むのはもうやめて、ニキビケア専用クリームで不快な期間も美肌で過ごしましょう!

>>繰り返しできる、あごニキビをなんとかしたい!