〔あさイチ〕スイゼンジノリ・サクラン化粧品の保水力はヒアルロン酸よりスゴイ!?

あさイチ スイゼンジノリ

「あさいち」3月16日NHK 放送で「ヒアルロン酸もびっくり!スイゼンジノリ」と題して、天然川のり「スイゼンジノリ」が紹介されました。

最近、スイゼンジノリの成分サクランの保水力に注目が集まっています。!そんなサクラン配合の化粧品なども合わせてご紹介します。


「スイゼンジノリ」とは?

スイゼンジノリは、漢字では「水前寺海苔」。そう、字のとおり、淡水性の藻類で、天然の「川のり」です。

スイゼンジノリは、九州地方の一部、具体的には福岡県朝倉市甘木地区の黄金川(こがねがわ)に自生しています。生育環境はキレイな水でしか成長しないということ。

実際にテレビに映し出された小金川は、田舎ののんびりとした「小川」という感じ。水の量は少ないのですが、とても透明感があり、キレイな水がサラサラ流れていました。

このスイゼンジノリ、大昔は将軍家に献上されたりなど、かなりな高級食材だったそう。

現在は、食材としてもいただきますが、どちらかというと「化粧品の原料」として、赤丸急上昇中です。

スイゼンジノリの成分サクランとは?

スイゼンジノリが「化粧品の原料」として話題になっている理由。それは、スイゼンジノリから抽出された成分「サクラン」にあります。

番組によると、スイゼンジノリの抽出成分サクランはヒアルロン酸の5倍の保水力があるそうです!

このサクランは、2006年、北陸先端科学技術大学院大学の研究により発見されました。

「サクラン」という呼び名は、スイゼンジノリの種名に関連して名づけられたそうです。また、学名の「サクラム」は「聖なる」という意味合いがあります。

サクランは、天然多糖類の中でも高い水分吸収率として注目されています。また、化粧品の保湿剤として注目を浴びるほど、高い保水成分も持っています。

サクランは、テレビ・雑誌等メディアでも話題

今回は、NHKあさイチでの特集でしたが、2006年のサクランの発見以来、テレビ・雑誌・ネット等多くのメディアで話題にされてきています。

スポンサードリンク

★テレビ
日本テレビ「未来シアター」でサクランが特集されました。
ここでは、サクランを発見した「北陸先端科学技術大学院大学 岡島麻衣子博士」に密着した内容でした。

★雑誌
アメリカの権威ある科学雑誌「Macromoiecules」に特集で掲載されました。「Macromoiecules」は現発行中の全化学系雑誌の中でもインパクトファクターがトップクラスと、高い権威がある雑誌です。

★ネット
スキンケア大学で、話題の天然保湿成分サクランとして特集されました。

このように、サクランは非常に注目されている成分なのです。
また、最近は、医療分野からも注視され、アトピーの治癒効果も試験で認められたそうです。

サクラン配合化粧品(岡島博士と共同開発)

あさイチ スイゼンジノリ

サクラン配合化粧品(化粧品、乳液、ジェルなど)は何社からか販売されています。
ただこの化粧品が他と大きく異なるのは、サクラン発見者「岡島麻衣子博士」と共同開発した化粧品ということ。

サクランを化粧品に配合するには配合量や調合タイミングなどかなりテクニックが必要。岡島博士ご自身も何度もトライを繰返し試行錯誤した結果が今の「サクラン」というわけです。

そんな岡島博士が共同開発したのがこのオールインワンジェルなのです。

◆サクラン発見者が共同開発した化粧品はこちら

【お客様満足度99.2%!】
【アットコスメオールインワン化粧品部門 第1位!】

“真”天然保水成分サクラン配合のオールインワンジェル

ヒアルロン酸10倍もの保水力をもつサクラン配合ジェル
あなたの乾燥肌、敏感肌に潤いを戻してあげませんか?

関連記事

ページ上部へ戻る