健康

更年期障害の症状チェック!アラフォー女性の体の悩み|私の何がイケないの

更年期障害 私の何がイケないの

「私の何がイケないの」2016年2月22日TBSテレビについてまとめています。

今回のテーマは「更年期障害を克服SP」です。ここでは、5人のアラフォー女性陣の本音座談会を客観的に見た医師が、「更年期障害の症状の可能性があるか否か」を判断した企画や、更年期障害の改善法として話題の「エクオールサプリ」をご紹介。

30代後半から50代前半までのアラフォー世代の女性って、体調不良がつきまといですよね。しかし、その体調不良が果たして単なる体力不足等によるものなのか、更年期障害からくるものなのか、判断がとてもつきにくいです。

今回5人のアラフォー女性陣の体に関する本音トークがさく裂!あなたにも彼女たちと同様の心と体のお悩みがあるかもしれません。最近体調が何かと思わしくない方は一度目を通してみて下さいね。

スポンサーリンク

「更年期障害」ってなに?

最初に「更年期障害」について軽くお勉強です。

「更年期障害」とよく耳にしますが、一口で言うとどんな症状のことを言うかご存知でしょうか?

まず 「更年期の年齢」 とは、閉経をはさむ主に45~55歳の10年間のことを指します。

そして一般的に、 「更年期障害」 とは、閉経前の更年期世代の女性に、卵巣機能減退によるホルモンバランスの乱れから生じる身体の不調のことを言います。

更年期世代の女性には様々な不快症状が起こりやすいのです。このような身体の不調の悩みを女性の約60%が抱えているとも。

しかし、単なる体調不良なのか、更年期が原因のものなのか、その見極めは自分ではなかなかできないのが普通です。

見極めができないままよくある体調不良と放置しておくと、最悪「うつ」にもなりかねません。日頃から自分の体調の変化に気を配ることが大切です。

アラフォー女性陣の体の悩み7選

「働く40代女性の心と体」について本音トークをしてくれるアラフォー女性陣のメンバーが次の5人です。

<5人のアラフォー女性陣>(敬称略。以下同じ)
(1)大久保佳代子(オアシズ)(44歳)
(2)光浦靖子(オアシズ)(44歳)
(3)西川史子(44歳)
(4)千秋
(5)黒沢かずこ(森三中)(37歳)

そんな5人の最近の体調不良は、次の7つに絞られました。

アラフォー女性陣の体の悩み7選
1.体のほてり
2.乾燥肌
3.顔のたるみ
4.抜け毛
5.尿トラブル
6.物忘れ
7.イライラ

この7つの症状について、「更年期障害の可能性があるのかどうか」を順次判断していきます。判断は、座談会の様子を客観的に見ながら、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がしてくださいます。

こういったお悩み、特に30代後半頃からは、誰しも一つ二つありますよね。管理人の私の場合、すべて当てはまっていました(^^;

では、一つ一つみていきましょう。

更年期障害の症状?「体のほてり」

■「体のほてり」のお悩み
【大久保佳代子】体温調節がうまくできていない。
【光浦靖子】仕事終わると発熱する。

■更年期障害の症状か否か
可能性あり

■ワンポイント
体のほてりは、典型的な自律神経の欠如と言える。自律神経の欠如⇒体温のコントロールができなくなり、発熱。軽い「ホットフラッシュ」かも。

◆更年期症状「ホットフラッシュ」とは

 「ホットフラッシュ」 は更年期障害の代表例。運動をしていないのに、顔や首が熱くなったり、のぼせたりする症状。環境の影響なしに突然起こるのが特徴。

【例】台所での洗い物の最中に、突然、顔や首から大量の汗。毛穴という毛穴から汗が滝の様にでている感じ。

■管理人みのりん
「ホットフラッシュ」は、私も管理人も体験済みというか体験中。仕事場で皆は涼しい顔をしているのに、自分だけなぜか大汗。ホントに恥ずかしくて仕方がありません。こんな時には「更年期なので仕方がないのよ~~」といってお茶を濁しますが、本心はとっても傷ついているんです。「わかってちょ~だい!」と叫びたい!

更年期障害の症状?「乾燥肌」

■「乾燥肌」のお悩み
【大久保佳代子】新聞が1枚ずつめくれない
【光浦靖子】指先の乾燥により静電気が起こる
【西川史子】スマホで指が反応しない
【黒沢かずこ】スーパーの袋が開けられない

■更年期障害の症状か否か
可能性なし

■ワンポイント
4人共通のお悩み「指先の乾燥」に更年期障害の可能性はない。しかし、「乾燥」そのものには注意を要する。

◆更年期症状の「乾燥」とは

更年期障害からくる「乾燥」は、女性ホルモンのエストロゲンの減少が主な原因。通常の「乾燥」は、顔や指など部分的なかさつきだが、更年期障害からくる「乾燥」は、全身に乾燥の症状が現れること。

【例】 ドライマウス (口が乾き、食べ物を飲みこむのがつらい)、 ドライアイ (開けていられないほど目が乾燥)。

■管理人みのりん
私も4人と同様「指先の乾燥」を実感中。でも、ドライマウスやドライアイの症状はないのでここの部分では一安心。

更年期障害の症状?「顔のたるみ」

■「顔のたるみ」のお悩み
【大久保佳代子】顔にほうれい線が現れている

■更年期障害の症状か否か
可能性なし

■ワンポイント
顔にほうれい線が出るのは老化現象。ただし、老化に悩むことそのものが、「エイジングストレス」と呼ばれる更年期障害の症状の一つにつながる。

◆更年期症状「エイジングストレス」とは

 「エイジングストレス」 とは、顔のたるみ、しわ、体力減退といった通常の老化現象を受け入れることができず、不安感に迫られるう症状。老化を受け入れることができないためにストレスが溜まってくると、肌にも悪い影響を与えてしまう。

【例】若くなくなった塞ぎ込み、外出や人と会う機会を減らすようになる。最悪、うつ状態に陥るケースも。

◆ヒアルロン酸注射がほうれい線に効果的!?

大久保さんの悩みを聞いた西川史子先生。すると「ほうれい線の悩みなら、ヒアルロン酸ですぐに解決できる」って。西川先生ご自身もほうれい線にヒアルロン酸注射を打っているそう。大久保さんみたく、口のワキの方まであったマリオネットラインが、ヒアルロン酸注射で改善されているようですよ。

■管理人みのりん
40代前半からほうれい線は悩みのタネ。でもこれは更年期障害の症状ではないのですね。エイジングストレスには注意したいと思います。

スポンサーリンク

更年期障害の症状?「抜け毛」

■「抜け毛」のお悩み
【光浦靖子】抜け毛が2カ月前から異常に多い
【黒沢かずこ】ボリュームが減り黒粉を振った

■更年期障害の症状か否か
可能性あり

■ワンポイント
抜け毛や頭皮コンディションは、エストロゲンの減少に伴い悪化する。更年期障害によるものか否かは、その「抜け方」がポイント。更年期障害からくるものは、髪の毛全体のボリュームが減っていく。部分的に抜けるのではない。そのため、抜け毛の初期は対策がうちにくく、気づいた時には、すでに脱毛が進行している場合が多い。

■管理人みのりん
最近、女性で薄毛の悩みを持つ人が増えたとよく聞きます。私も、その一人。部分的というよりも、髪全体がペッシャンコになってきているので、これは髪全体のボリュームが減ってきたのでしょう。う。う~む、これはヤバイですね(^^;

更年期障害の症状?「尿トラブル」

■「尿トラブル」のお悩み
【光浦靖子】トイレが1日20回以上
【黒沢かずこ】ここ10年尿漏れシートを使用

■更年期障害の症状か否か
可能性あり

■ワンポイント
光浦さんの20回は異常であり、膀胱炎が併発している可能性がある。黒沢さんの場合は、激太り(15年前から20kgも体重増)が原因かもしれない。腹の内臓脂肪が膀胱を圧迫し、尿漏れを引き起こしている可能性がある。

◆更年期症状「尿漏れ」とは

更年期障害からくる 「尿漏れ」 は、女性ホルモン・エストロゲンの減少で、尿道周辺を支える骨盤底筋の緩みにより引き起こされる。

【例】ひどくなると、階段の昇降や、歩いたりするだけでも、尿漏れしてしまうケースが出てくる。

■管理人みのりん
「尿漏れ」はまだないのですが、「頻尿」気味は実感しています。1日20回は行ってないですが、10回は行くかも・・(^^;

更年期障害の症状?「体力の低下」

■「体力の低下」のお悩み
【西川史子】万歩計で36歩しか計測しない日がある
【千秋】歩道橋を登ると足が疲れ震える

■更年期障害の症状か否か
可能性なし

■ワンポイント
単なる運動不足で、体力が不足している。

■管理人みのりん
きつい階段を上がると足に震えがくるなど、体力の低下は、私も実感。しかし、これは更年期障害からくるものではないのですね。

更年期障害の症状?「物忘れ」

■「物忘れ」のエピソード
【大久保佳代子】自分と人の鍵を2つ腕に付けていた
【大久保佳代子】自分で携帯に入れたメモの意味がナゾ
【光浦靖子】ダブルで眼鏡をしてしまう時がある
【光浦靖子】剥いて、大事な方を捨ててしまった
【西川史子】旅行でいつ何をしたかを忘れた

■更年期障害の症状か否か
可能性あり

■ワンポイント
今回のような「物忘れ」は更年期障害の症状としておかしくない。ただし、「認知症」と間違わないようにすること。

◆更年期症状「物忘れ」とは

ホルモンバランスの乱れから、集中力が低下し、「物忘れ」が起こることがある。

【例】どこに鍵をおいたのかがわからなくなったり、買い物目的の品を買い忘れたり。

◆「認知症」と「更年期障害」の物忘れの違い

【例】トイレの後、流し忘れた。
・「認知症の物忘れ」・・・トイレに行ったことも忘れている。
・「更年期障害の物忘れ」・・・すぐに流し忘れに気が付く。

■管理人みのりん
「物忘れ」は、やはりよくやっちゃいます(^^;。でも、すぐに気が付くので、まだ認知症は大丈夫そうです。気を付けなくては・・・。

更年期障害の症状?「イライラ」

■「イライラ」のエピソード
【大久保佳代子】自分の計算より早く着いたタクシーにイライラ
【光浦靖子】ナビ故障でグルグル回りのタクシーに「20円おまけでいい」と言われてイライラ
【光浦靖子】ディレクターが打合せ時に近づきすぎてイライラ

■更年期障害の症状か否か
可能性大いにあり

■ワンポイント
「イライラ」は更年期障害の代表例。気持ちを和らげる作用のあるエストロゲンが減少すると、イライラしてしまう。

◆更年期症状「イライラ」とは

自律神経が乱れてしまい、感情のコントロールが困難になる。相手に悪気がなくても、過剰にイライラしてしまう。

【例】今まで気にならなかったことに対して、イライラしだしたら危険信号。

■管理人みのりん
仕事場なので、以前はイライラしていたことがよくありました。自分でも理由がわからないのに、むしゃくしゃとか(汗)。でも、サプリを飲み始めてから、だいぶ平穏な日々になりました~(笑)

光浦靖子さんに更年期障害の疑いが!?

アラフォー女性陣の座談会は以上になります。今回の座談会の中で、更年期障害が一番疑われる人は誰でしょう?

小林メディカルクリニック東京 院長 小林暁子医師によると、それは「光浦靖子」さん。

小林医師が一番気になったのが「1日に20回トイレに行く」ということ。40代の同世代は多くて1日10回程度。その倍トイレに行きたくなる光浦さんは、エストロゲンの減少で自律神経が乱れ、膀胱が収縮している可能性が考えられるそうです。

私も光浦さんほどではないけど頻尿気味。今度1日何回行くか、よく数えておこうと思います。いずれにしても、注意しなくては・・・。

更年期障害の改善法「エクオールサプリ」とは

更年期障害の治療において、薬は抵抗があるという人も少なくないようです。そんな場合に有効なのが「サプリメント」

小林暁子医師によると、最近は、安全性の高いサプリメント治療もはじまったそうです。番組で話していたのが、「エクオールサプリ」。「エクオールサプリ」を飲むと、女性ホルモンに似た働きをしてくれ、更年期症状の緩和効果を期待できるそうですよ。

◆アマゾンで「エクオールサプリ」を見てみる

◆楽天市場で「エクオールサプリ」を見てみる

まとめ

アラフォー女性陣の7つの体のお悩みは次のとおりでした。

1.体のほてり(ホットフラッシュなど)
2.乾燥肌(指先が乾燥する)
3.顔のたるみ(ほうれん線など)
4.抜け毛(髪のボリュームが減ったなど)
5.尿トラブル(頻尿・尿漏れなど)
6.物忘れ(ダブル眼鏡など)
7.イライラ(相手に悪気がないのにイライラなど)

これらのお悩みには、更年期障害の可能性があるものとないものがありました(そうだっけ?と思った方は、本文を再度確認してくださいね)。

あなたにも同様な体のお悩みがあるかもしれませんね。ただ、注意したいのは、今回の結果を見て、ご自身で、最終判断までしないこと。症状が気になるようであれば、すぐに病院に行くのが一番です。

★次の記事⇒若年性更年期障害の症状・原因・改善法!川村ひかる体験例

スポンサーリンク