アンチエイジング

アンチエイジングの方法6選!サプリ・エステ・クリニックはどう?

アンチエイジング

「最近、体の老化が気になってきた」
「そろそろアンチエイジングが必要な年齢かな?」
「でも、アンチエイジングの方法にはどんなものがあるのかしら?」

30代・40代のあなた、こんな風に思ったことがありませんか?
今回は、そんなアラサー・アラフォー世代のあなたへ、アンチエイジングの方法をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

アンチエイジングにはサプリの利用が効果的

アンチエイジングに効果があると言われている成分は、バランスの良い食事内容を続けることで摂取することも可能です。

しかし、「毎日の献立を考えるのが大変!」、「年々食が細くなってきているので必要な量を食べきれない。」という方も多いのではないでしょうか。

最近では、中高年層をターゲットにしたサプリメント商品が人気となっていて、美容と健康の両方からアンチエイジングを目指したものも多く登場してきています。

ドラッグストアなどで良く見かける、錠剤型のサプリメントは世代に関係なく健康に気を遣う人の間では人気が高いようです。

持ち運びがしやすく、会社や学校でも手軽に飲める点が喜ばれており、自分に必要だと思った成分を自分でセレクトできるのが特徴でしょう。

これまで、特定の成分だけを製品にしたものが多かったようですが、需要が大きくなってきた現在では、特定の用途に合わせて複数の成分を配合したものも登場するようになってきました。

例えば、目的を疲労回復だけに絞ったものや、女性の健康に大きく影響する成分だけを集めたものなどが挙げられます。

アンチエイジングに特化したものも増えてきているようです。

老化が現れやすい目や関節などの部位に関して、機能を向上させる成分を取り合わせたものは、高齢の方でも手に入れやすいように通信販売のシステムを導入している商品もあるそうです。

年齢を重ねると減少に転じてしまう女性ホルモンを助ける成分をミックスしたサプリメントも喜ばれているようです。

アンチエイジングとストレス解消法

ヨガ

中高年からのアンチエイジングでは、心の健康、体の健康をバランスよく保ち、ストレスの多い生活から快適な生活へとシフトしていくことも大事な要素と言えるでしょう。

生活環境や日頃の習慣の改善に取り組むことが、より健康的なアンチエイジングに導くポイントだということです。

しかし、中高年を迎えると、これまで過ごしてきた環境を急激に変えていくことは難しく、一念発起してガラッと変えた環境になじめない、ということも多く、逆にストレスの原因となってしまうことも珍しくありません。

そうした場合、ストレスを感じた時にその都度自分に合った手段でリフレッシュしていくのもひとつの方法です。

中高年では、中途覚醒と呼ばれる睡眠障害の症状が多いそうです。夜中に頻繁に起きてしまう症状で、対処法として無理のない、適度な運動が推奨されています。

すぐにはじめられ、道具もいらず、自分のペースで進められる運動に、ストレッチやジョギングが挙げられます。

自宅でできるヨガもいいですね。ヨガの本やDVDは最近たくさん書店に並んでいますので、1日10分でも実践してみるとよいでしょう。

こうした運動をすることで眠りの質が改善できるでしょう。

運動の他、次のような方法もリフレッシュに効果的です。

毎日の入浴の際にゆっくりと半身浴をして体を温め、発汗することで軽い運動と同様の効果が得られるとも言われています。

定期的に家族と旅行をしたり、気の合う仲間と趣味を通じておしゃべりをしたりすることは、心のリフレッシュにもつながります。

誰かと一緒に興味のあるレクリエーションをすると、脳の働きも活性化し、認知症などの症状が現れにくいという説もありますよ。

スポンサーリンク

アンチエイジングにクリニックの血液クレンジングも人気

美容クリニックは、医師や看護師が常駐しているので、一般的なエステなどに比べ、美容医療の視点からアンチエイジングに取り組めることが特徴でしょう。

ここ数年、美容医療に携わる医師の数は増えている傾向にあります。その影響を受け、首都圏を中心にアンチエイジングに特化した医療を提供するクリニックも数を増やしています。

美容クリニックでは、医療従事者が治療を行うので、比較的効果が高めのマシンを使ったり、医療行為である検査や点滴なども一緒したりします。

具体的に自分のコンディションが数値として分かり、治療の内容に納得しながら進められる点で多くの女性に喜ばれています。

特に、アンチエイジングでは体の外側の皮膚の状態や筋肉のコリなど見たり触ったりすることで判断できる症状だけを改善しても、根本的な悩みの解決に繋がらない場合もあります。

血液がドロドロになっていないか、心臓に負担はかかっていないか、さまざまな重篤な疾患に繋がる可能性はないか、など医療面からのアプローチが必要になってきます。

また、現在重い症状が出ていなくても、将来の心配を軽減するために美容クリニックを利用する人もいます。

例えば、定期的にキレイな血液に改善する血液クレンジングと呼ばれるコースも登場してきています。

これは、血液が本来持っている免疫力を引き出すため、少量の血液を採取し、そこにオゾンガスを溶け込ませて点滴をするというものです。

比較的簡単な手順なので、忙しい人でも安価に通うことができると話題になっているようですね。

アンチエイジングにエステ活用はもはや定番

este151011-2

エステと聞くと、「高額だから手が届かない!」と感じている方も少なくないかもしれませんね。

スポンサーリンク

しかし現在では比較的低コストで稼働できるマシンが増えてきていて、コースも多様ですので、数年前に比べると一般の主婦や学生の利用者が多くなってきています。

その中でも、中高年女性に喜ばれているのがアンチエイジング専門のコースです。

エステでは、医療機関と違いリラクゼーションを中心に施術内容が構成されているものが多く、長年蓄積された心身のストレスを除去できるとあって、新しいマシンやエステティシャンが行う手技に関する研究開発が盛んに行われているようです。

アンチエイジングサロンでは、老化によって柔軟性を失った肌にも有効成分を浸透させることができる導入マシンや、長い間毎日続けていたメイクの汚れが蓄積した顔の皮膚に若々しさを取り戻すためのピーリングを行う施術などが人気です。

ほかにも、全身のリンパの流れをコントロールし、血液の状態をサラサラに改善することで自然治癒力を高めていくリンパケアコースも人気が高まってきています。

また、コンディションを調整する目的で、ポジティブな習慣を身につけるために日頃の生活リズムや食事内容をチェックするカウンセリングがコース内容に含まれているサロンも増えてきています。

こうした総合的なケアによって、体の外側からのケアだけでなく、体内の環境をケアする施術内容が多いのも、アンチエイジングサロンの特徴と言えるでしょう。

スポンサーリンク

アンチエイジング以前に健康診断や人間ドックを

アンチエイジングに取り組むにあたって、健康診断の存在は大きなメリットになると言って良いでしょう。

アンチエイジングの基本として、まずは、体の老化の状態をしっかり把握することは大切ですよね。

健康診断も受けずに、自分のみで自分の健康状態を客観的に判断し、その時その時で的確な対策をプランニングすることは困難ですよね。

そのため、1年に1回、第三者の判断のもとで健康状態をチェックできる機会はぜひとも作りたいものです。

現在では、企業に社員として勤務している人ならば、雇用主が実施する健康診断に参加しなければならない義務があります。

雇用主が病院などに委託して実施する場合がほとんどです。通常の健康診断に加え、成人病のリスクが高くなってくる35歳以上の男女では、メタボリックシンドロームに関する健診も推奨されています。

こうした制度を利用できない自営業の方や主婦の方は、自治体などで配布される健診クーポンなどを上手に利用していきましょう。

自治体が発行しているクーポンでは、高齢者専用のもの、子宮がん検診など女性に特化したもの、特定の月齢に達した乳幼児健診のものなど、限られた対象者に対して郵送される場合があります。また、市役所や保健所で直接問診票を受け取るケースもあります。

健康診断はある程度自分のコンディションを判断する目安となりますが、検査項目は通常それほど多くありません。

参加義務が課せられていませんが、人間ドックのほうが、検査項目も多いのでより詳しく調べることができます。

市町村で人間ドックの費用を一部負担してくれるケースもありますので、お住まいの市町村に確認してみるとよいでしょう。

一年に一回、健康状態を把握して、健康的にアンチエイジングに努めたいものですね。

アンチエイジングは20代・30代から意識しよう

疲れた女性

「まだ30代だからアンチエイジングは早いよね?」などと思っていませんか?

実は、20代後半から30代にかけての年代は、体の様々な部分で老化を一気に感じ始める時期なのです。

これは、女性ホルモンの分泌をはじめ、体の中で作られる美容に有益な成分も減少に転じていく時期でもあるからなのですね。

こうした影響は、体調不良を引き起こしたり、疲労しやすくなったり、疾患が治りにくかったりする症状のきっかけとなってしまいます。

30代になっても20代前半の頃のような体の再生力を前提とした生活環境のままでいると、急激に衰えを感じてしまう結果になりかねないでしょう。

仕事や育児に追われ、自分と向き合う時間が少ないという点でも、悪循環を生み出している環境や習慣をなかなか改善できないという人もいることでしょう。

この時期は、男女ともライフイベントの多い時期でもあります。

女性の場合は、一生の中でも最も心身の変化にさらされる妊娠出産期を迎える人が多いでしょう。

男性では、部下ができたり、転職を考えたりする人も出てきます。プライベートではパートナーや子供ができる時期でもありますので、さまざまな出来事の中で責任を負う場面も多くなり、ストレス負荷の高い時期と言えるでしょう。

つまり、自分のコンディションに関して、意識的に良い環境に導くための行動を起こさなければいけない時期と言うことができますよね。

アンチエイジングは中高年以上の人だけのもの、と決めつけないようにしましょう。

一説によると、老化は30代はおろか20代から既に始まっているとも言われています。

ですので、たとえ小さなことでもアンチエイジングを心がけていくことをお勧めします。将来も輝き続けるために早いうちから意識しておきましょう。

まとめ

アンチエイジングを行う方法は様々ありますが、今回は大きく6つの方法をご紹介しました。

  • サプリメントを利用しよう
  • リフレッシュしてストレス解消しよう
  • クリニックでアンチエイジングしよう
  • エステでアンチエイジングしよう
  • 健康診断や人間ドックを心掛けよう
  • 20代・30代からアンチエイジングを意識しよう

一つでも二つでもいいです。
まずはあなたの取り入れられるものから、取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク